消費者ローンとは

 

消費者ローンとは、借りる人の信用を基にしてお金を融資する事を言います。
簡単に言ってしまえば、消費者金融のプロミスやアコムなどが消費者ローンに当てはまります。
ここで言う「信用」とは、年収やその他資産になる物がちゃんとあり、返済能力が十分にあると言う事です。
ですので、消費者ローンでカードローン 借り換えを利用する際には「年収証明書」となる源泉徴収票や給与明細書などが必要となる訳です。

 

消費者ローンとは「信用」で成り立つものなので、その信用が低いと、審査に通らなかったり、借入額が希望通りにならなかったりします。主な考え方としては、全ての消費者ローンを合わせて年収の1/3までと、ある程度上限が決まっています。ですので、当然年収が高い程限度額も高くなると言う事になります。

 

消費者ローンの特徴としては、直ぐに審査をしてもらえる事、申込み方法がネットや店舗来店など、様々な形態がある事などが挙げられます。間口が広いので様々な方が利用していますが、無理な返済プランを立てたり職を失ったりして返済が滞り、過払い金請求を行う利用者が多くなってきています。

 

消費者ローンとは、ある程度簡単にお金を借りる事が出来るシステムですが、振り込まれたお金を「自分の物」と勘違いしてしまい、予定していた用途ではないお金の使い方をして、返済が出来なくなったと言う方も多いです。

 

やはりお金 借りるには、「ご利用は計画的に」と言う言葉通り、何に使うのか、どれぐらいで完済するのかをきちんとシミュレーションした上での利用を心がけましょう。

 

消費者ローン会社の変貌

 

消費者ローン会社って、今でも「怖い」「危ない」と言うイメージが強いと言う方が多くいらっしゃるようです。昔はそういうイメージが非常に高かったのですが、2010年6月18日に賃金業法が施行されてから、今までと全く違うクリーンなイメージが定着しつつあります。

 

永作博美さんがアコムのテレビCMでギターを持って宣伝していますが、ここめで印象があるテレビCMはほかにありませんしね!また、アコムは自社ブランドのマスターカードを発行しています。消費者金融で自社でクレジットカードを発行しているのは、アコム マスターカード以外にはないのですからアコムがどれだけ優良企業かがわかります。

 

まず一番大きいのが「総量規制」と言う物で、年収の1/3以上の借入(消費者ローン会社にとっては貸付)ができなくなりました。これにより、借り過ぎや貸し過ぎと言った自体がなくなり、自然と返済能力に借入を抑える事ができます。

 

以前は、借入に上限はありませんでした。いくらでも借入できるし、消費者ローン会社もいくらでも貸していました。その結果、返済能力を超えた貸付になっている事もしばしばありました。総量規制が定められてから、こう言う事が一切なくなったのです。

 

また、「上限金利の引き下げ」も施行されました。以前は29.2%が上限金利として定められていましたが、これが15%〜20%に引き下げられました。これにより、「返しても返しても元本が減らない」と言う事態をなくそうと言う動きになったのが分かります。

 

このように、消費者ローン会社は昔のように「貸すだけ貸すよ、後は知らない」ではなく、「そんなに借りちゃだめだよ」と審査を落とすようになりました。この事が昨今の消費者ローン会社自体のイメージを非常に良くしている要因です。

 

この総量規制以上に借入をしたいのでしたら総量規制対象外の即日融資 カードローンをご利用しましょう。
総量規制対象外のカードローンは主に銀行からの借り入れになりますが、多くの銀行カードローンは即日融資にも対応しているので消費者金融となんら変わりなくご利用いただけます。

 

消費者ローンの金利が法改正で引き下げに

 

消費者ローンを利用する中で一番気がかりなのが「金利」でしょう。良く「金利分しか返済できない」「元本が減らない」などと言う言葉が昔は聞かれました。
それもそのはず、昔の金利は40%だったのです。100万借りたら、1年後に140万にして返さなければならない。これは誰が見ても厳しい数字でした。

 

しかし2010年6月に施行された「賃金業法」では、年利が20%にまで引き下げられました。一時期に比べ、金利が半分に減ったのです。これは、消費者ローンを利用する為の垣根をかなり取っ払った、画期的な法改正ではないでしょうか。

 

また、この金利は「最高」であって、借入額が最小限度の場合です。100万、200万と言うようなまとまった金額を借りるのであればそれ以下になり、最低で4.5%と言うところもあります。消費者ローンは「借りやすいけど返しにくい」と言う時代から、「借りやすく返しやすい」と言う時代になってきています。

 

今では、プロミスが提供する30日間無利息 キャッシングサービスなんかもあり、よりクリーンなイメージになってきています。

 

ただし、金利が低くなったと言ってもやはり「無金利」と言う訳ではありません。借りた分以上のお金を返さなければならないのは変わりません。そこをきちんと考えて、返済プランをきっちりと立て、「借りたものはきちんと返す」と言う当たり前のことをしっかりやりましょう。

 

「返済する為に、違うところからまた借りる」と言うのは消費者ローンを利用する方には良くある話ですが、絶対にやってはいけません。
そのような状況になってしまったら、一度アコム 店舗に出向きカードローン 審査を受け借金の一本化を相談してみるのも一つの手段でしょう。

 

消費者ローンを利用するには引当金の考え方が必要

 

引当金とは本来は会計学の言葉で、「将来支払うであろう現金を今の内に支出として換算する」事です。
この言葉自体は会社の経理などで使う言葉なのですが、この考え方は消費者ローンを利用する際にも用いる事が出来ます。

 

消費者ローンを利用した場合、一時的に手持ちの現金が増える事になります。
しかしこのお金はいずれ返済しなければならないので、「実際に増えたお金」と計算してしまってはいけないわけです。
その為、借りたお金プラス完済までにかかる金利を計算して、その累計を「引当金」として家計簿なりに記しておくのです。

 

簡単な例で言えば、消費者ローンで借りたお金をボーナスを利用して返す予定だったとします。本当はボーナスをプラスした資産をその月に出すと思いますが、ここから消費者ローンで借りたお金プラスその日までの金利を返さなければなりません。

 

ですので、家計簿には返済金額を既に書いておき、ボーナスだけで全額支払いが出来ない場合は、プラスアルファで手持ちのお金に余裕を持たせておく必要があります。こういう考え方が、消費者ローンを利用した時には必要です。

 

しかし、アコムでは限度額が思っていたよりも簡単に増額できてしまいます。このように返済を頑張っていこうと思った時にアコム 限度額が引き上げられてしまうと、ついまた浪費をしていたころのように戻ってしまう方も多いようですので注意が必要です。

 

お金を借りて口座に残高が増えると、「それは自分のお金」と錯覚してしまいがちですが、実際はそうではありません。
その分を予め家計のお金から除けておいて、返済する予定日に「お金がない」と言う事態を防ぐ事が「引当金」と言う考え方になります。

 

多くの消費者ローンでは借入審査の時に在籍確認をしていますが、一部大手の消費者金融でしたら在籍確認なしでご利用できるケースもありますので会社などに知られたくない方には使いやすいサービスでしょう。

 

消費者ローン会社のおすすめなところは?

 

消費者ローンは大手・中小業者含めて本当にたくさんあります。その為、いざ借りると言う場面になっても、「一体どこから借りればいいの?」と迷ってしまうかと思います。ここではおすすめの消費者ローンを、その特徴と共にお伝えします。

 

まずは大手の「アイフル」。
名前を聞いたことがない、と言う方はいないはず。
実質年率は4.5%〜18.0%と低く抑えられています。
審査時間が極めて短い事、即日振込が可能と言う事、商品が豊富にあると言う事も人気の要因となっています。
ただ、際立ってお得な「キャンペーン」などもあまり行っていないので、ものすごいお得感、と言うのは無いかも知れません。

 

キャンペーンと言うとすぐに思いつく消費者ローンは「アコム」、アコム 審査でしたら即日キャッシングが可能です。
期間限定で「30日間金利ゼロキャンペーン」などを行っています。
つまり、30日以内に返済するならば、元本だけで良いと言う事。
金利が唯一の収入源となる消費者ローン会社が、思い切った事をしました。
1カ月以内に返済できるめどがある方にとっては非常におすすめです。

 

また、「プロミス」も大手の一つで非常に有名です。
融資額が500万円までと上限が高く、金利も4.5%〜17.8%と安い事、50万円までなら収入証明書が要らない事など、非常に利用しやすい内容となっています。

 

この「アイフル」「アコム」「プロミス」が大手三大消費者ローンですが、その他にも中堅会社でお得・おすすめなサービスを行っているところはたくさんあるので、色々と探してみるのも楽しいですよ。
いろいろと探すときに便利なのがネットのキャッシング比較サイトになります。
今ネット上で人気があるのは親にばれないキャッシングです!
プロミスでは親バレしないように様々な工夫をして消費者が快適にご利用できるようになっていますので安心して使えるサービスです。

更新履歴